14″ Bru Jne 4 is ready to be dressed

I antiqued leather and assembled the head and body together. Here is my 14” Bru Jne 4 waiting to be dressed. I am working on her dress design now 😊

ボディの革部分にアンティーク塗装を施しました。ヘッドとボディを繋げて完成です。いまドレスのデザインを考え中です。

Before and after antiquing the leather

Back to work!

My summer break is over. Time to get back to work! I took a little trip to NYC during the break. My friend and I went to see a show on Broadway and a Ballet in Metropolitan opera house. But my main reason for this trip was to go to Garment district. I found a great leather shop to look for kidskin or lamb hide for doll making. I have been buying Italian leather directly from Italy but buying online without seeing actual item is sometime tricky. This time I found many Italian lamb hide with correct thickness with smooth grain on top of the amazing color. I love the cream colored lambskin I found. This shade is very close to an antique Bru body and so hard to find. It was definitely worth the trip !

短かった夏休みも終わり、さっそく作業を再開したいと思います。夏休み中はニューヨークへ小旅行に行ってきました。ブロードウェイやオペラ座で観劇をして、ファッション通りで革の仕入れをしてきました。(ファッション通りはファッションデザイナー用の裁縫材の問屋が集まっている地域です)Bruのボディ用と、革靴用に数枚買ったのですが、やはり実物を見て選べるのはいいですね。(今まではネットでイタリアから直接購入していました)同じイタリア製の革ですが、微妙な色の違いや厚さ、キメの細かさなどを目で見て選べたので、とても納得のいくものが手に入りました。特にボディ用の白い革(今までは白を使っていました)で、よりアンティークのBruボディに近いクリーム色の革を数枚見つけることができたのはラッキーでした。この微妙な色はネットで買うとかなり当たりはずれがあるので、思った色が見つかって本当に嬉しいです。よい材料が手に入ると、制作するときのウキウキ度が上がりますね。

This cream colored lambskin has the shade very close to antique Bru body
Italian leather hide I purchased this time
I went to see Phantom of the opera on Broadway one night …
Next day was ballet ” Swan Lake” at Metropolitan opera house
Beautiful theater!

I will take a short summer break

I made arms for 14” Bru doll.
Next step is to antique the leather and assemble the body. But bursitis on my shoulders worsened from doing body making so I will take a short summer break to rest my body. Have a wonderful summer everyone! 🥰🥰
Bru 嬢の腕部分を作りました。あとは革部分にアンティーク加工を施して組み立てるだけなのですが、、連日のボディメイキングの作業で案の定肩を故障してしまいました。なので少しの間夏休みを取らせていただこうと思います。日本はまだ梅雨でしょうか?こちらは学校がすでに夏休みに入っています。皆さんもどうか自愛くださいね。ではまた。

Making Chevrot body

I have been working on the torso of a Chevrot body. Chevrot body has a unique structure, Metal upper legs are attached to the hip joint and the torso is packed with granulated cork.Parking cork requires a lot of elbow grease. It is very important to pack it as tight as you can in order to make a steady body. I painted lower legs after making holes in my knee joint. I tried to match the color as closely as possible to antique Bru legs then gave an antique finish.
ヘッドが出来上がったので、次はボディの制作に取り掛かっています。シェブロゥボディは独特な構造になっていて、腿の部分が筒状のメタル製で股関節に繋がっており、胴体部分は顆粒状のコルクが詰まっています。このコルクを詰める作業が実はすごい力仕事で、私は棒を使ってコルクを下の方にギュッ、ギュッと押し込んでいきます。最近肩の炎症を起こしているので、痛みを伴うかなりつらい作業なのですが、レザーボディをカチカチにするためには欠かせない作業です。胴体部分が出来上がったら下脚の膝関節に穴をあけて、それからペイントを施しました。アンティークBruの下脚になるべく近い色に塗ってから、仕上げにヴィンテージ加工を施して古っぽい感じにしました。

14″ Bru Jne 4 head

I finished making 14″ Bru Jne 4 head. I set antique blue oval eyes and she looks very nice.  I think I am going to use this head for my next doll. I fired six times to paint this head and posted a short video of the painting process of this head on Instagram. That’s about average firing time when I paint French doll heads.                                                             You can also view from this link.  Fliptastic                                                                             ( This doll is reserved for a customer on the waiting list)

35センチのBru嬢のヘッドが完成しました。手持ちのアンティークアイをセットしたところなかなか良いい感じなので、このヘッドで作品制作を進めていきたいと思います。今回のBruヘッドの絵付けは6回焼成しました。フレンチビスクの絵付けでは、私はだいたいこのくらいの回数を焼きます。インスタに絵付けのそれぞれの段階を動画にしたものを載せていいますので、よかったらそちらも覗いてみて下さい。右のリンクからも閲覧できます。Fliptastic

(こちらの作品は予約済みですのでご了承ください)

she looks cute form this angle too

My next doll

My next doll is 14” Bru Jne 4.
I started making lower legs while bisque parts are being fired for soft firing.
I don’t have Bru leg mold for this size so I casted Jumeau leg and reshaped it to Bru leg while clay is still soft. I am using the actual Bru leg as a guide.
Next I cleaned soft fired greenware Bru head.
I only use exacto knife to make eye holes. I don’t use an eye beveler because I tend to chip the eye rim with beveler. (;^ω^)
 
さて次の作品は35センチのBruJne4です。
ビスクパーツはすでに型抜きしてソフト焼き中なので、その間に下脚をコンポのスリップで型抜きしました。といっても、私はこのサイズのBruレッグのモールドを持っていないので、ジュモウレッグの型を抜いて、粘土がコチコチになる前にナイフで削ってBruレッグにします。アンティークのBruレッグを参考に、なるべく忠実に再現するよう彫刻しました。粘土が乾いたらトースターオーブンで焼成します。下脚がオーブンに入っている間に、ソフト焼きが済んだビスクパーツのクリーニングをしました。私はベブラーを使うとアイホールの淵をよく欠けさせてしまうので、アイカットはナイフのみで行います。私の場合、型抜きから始まってビスク焼成の準備ができるまで、順調に行ってだいたい一週間ほどかかります。

Cast Jumeau leg at first

Then reshape Jumeau leg to Bru leg

Using antique Bru leg as guide

make sure to carve toes on sole just like antique Bru foot

baked them in the oven then became hard composition leg

Victorian fashion show and tea party

I attended Victorian fashion show and tea party in Virginia City, Nevada. Virginia city is Reno’s neighboring city and still preserves original buildings and streets from the Victorian era.Virginia city was booming with silver mining in the 1800’s and was a very modern city at that time. They even has an Opera house.
The event was held at the Historic Fourth Ward school museum built in 1876. Participants are encouraged to wear period costumes so my friend and I fixed up costumes quickly.      ( We only had one week to prepare) I adjusted the size of the Edwardian dress for my size and decorated a vintage hat with feathers and ribbons to wear for this occasion.People who modeled for the fashion show actually made their own costumes! ( Very well made) We also had an opportunity to study about antique dresses from that era including how undergarments are constructed and assembled. It was an extremely interesting and educational event. I thoroughly enjoyed the day. I would love to make an Victorian costume for myself to attend next time.

********************************************************************************************

先日隣町のバージニアシテイで行われた、ヴィクトリアンファッションショーとティーパーティに参加する機会がありました。ヴァージニアシティは1800年代に銀の鉱山で栄えた町で、今でも当時の建物と街並みが残っています。参加者はコスチュームを着ることを推奨されていたので、準備期間は一週間しかなかったのですが、私と友人はさっそくコスプレの衣装を揃えましたよ。私は手持ちのエドワーディアン時代のアンティークドレスのサイズを調整して着られるようにし、これまた手持ちのビンテージハットを飾り付けてダウントンアビィ調のいでたちで参加しました。ファッションショーのモデルとなった皆さんのドレスはなんと、それぞれお手製でとてもよくできていました。まるで当時にタイムスリップしたかのような気分になります。ほかにもアンティークドレスの構造についての講義があったり、弦楽器のミニコンサートがあったりと盛りだくさんの内容で、とても有意義な時間を過ごしました。近場でこんな体験ができるなんてとてもラッキーです。次回はぜひ、本格的なヴィクトリアンドレスを作って参加したいです。

Presentation box

I made a presentation box with a vintage all bisque doll to donate as this summer’s UFDC national convention helper gift. Sierra Nevada doll club members donated materials and I put them together. I won’t be attending convention this year but someone who wins this ruffle prize will enjoy it . 🥰

毎年夏に行われるUFDCのコンベンションでは、全国各地のドールクラブから寄付されたお人形関係のアイテムを展示抽選する催しがあります。私が所属している地元のシエラネバダドールクラブからは、今年はプレゼンテーションボックスを作って寄付しようということになり、私が制作担当になりました。クラブメンバーがそれぞれ材料を持ち寄って、私がプレゼンテーションボックスとして完成させました。ビンテージの小さいオールビスクドール(たぶん日本製?)を中心に、とにかく素敵でかわいいものをいろいろちりばめて、玉手箱風に仕上げました。私は今年はコンベンションには参加しませんが、抽選でこのボックスが当選した方に喜んでいただけると嬉しいです。

Newest Creation 12″ Bru Jne

Here she is! My newest creation is a 12″ Bru Jne doll. It’s been a big change for me to work on such a small doll since my last doll was 30″ tall. But my eyes adjusted very well for making the small dress as I was putting more hours in. I was able to pay enough attention to details to make her corset or adding tiny trims. I am very happy with how she turned out.
She is 12″ tall without a wig, about 14″ with bonnet. Her wig is an antique blonde mohair wig, her eyes are British eyes with spiral thread which gives her an antique look. I made a Chevrot style body and stained leather and lower legs to give an aged look. All her undergarments are made from antique cotton batiste and lace, her tiny corset even has bone.I chose gold and ecru colored antique silk fabrics to make her ensemble since she looks like a little jewel. This is my favorite color combination. Her dress looks very rich and elegant, you can’t help noticing her even though she is a little doll. I also made tiny Bru leather shoes with a ” Bru Jne Paris” stamp on the sole. I thoroughly enjoyed making these little items for this doll.All my future dolls are reserved for customers who are on the waiting list so she already has a new owner. I hope the new owner will enjoy her as much as I did!

**********************************************************************************************

30センチのBru嬢が完成したのでお披露目します。前回の作品は80センチ近くのジャンボサイズだったので、今回はずいぶん勝手が違う作業でした。でも長い間のこ娘の制作を続けていくうちにだんだん目が慣れてきて、コルセットを作ったり、ディテールに凝ったドレスまで作れるようになりました。
お人形の背丈はウィッグ無しで30センチ、ボネを被せた状態ですと35センチくらいです。ウィッグはアンティークのモヘアウィッグ、グラスアイはイギリスハンド社のスパイラルスレッドアイです。このタイプのグラスアイはサイズが小さい子に使うと、アンティークっぽい雰囲気が出るので好んで使っています。ボディはシェヴロースタイルで、革部分と下脚にビンテージ加工を施してあります。下着とコルセットはすべてアンティ―クの素材から作りました。ドレスとボネのセットは、私が特に好きなゴールドとエクルのアンティークシルク地を組み合わせて作りました。この色合いのドレスは気品と豪華さが出るので、小さいサイズの作品でも十分に存在感が出ます。靴ももちろん靴底にBruのスタンプが入った革靴で、小さいながらも丁寧に作りました。私は最近は小さいお人形にはまっているので、この娘のお仕度を楽しみながら進めることができました。この子はすでに予約待ちのお客様に売約済ですので、お嫁入り先は決まっています。新しいオーナー様も、私同様この娘を可愛がってくれることを願っています。

Bru shoes and undergarments

I made Bru leather shoes for 12″ Bru! I also realized I have not posted her undies including her tiny corset. Here are photos of her costumes. They are all custom made by me for this doll using antique materials. ( except socks and wig, I did not make them, the wig is an antique mohair wig)

Bru 嬢の小さな靴が完成しました!これでお仕度がすべて完成です。と思ったところで、下着の画像を載せるのをすっかり忘れていたことに気づきました。せっかく小さなコルセットも作ったので、ぜひお仕度の全部を見てください。靴下とアンティークのモヘアウィッグ以外は、アンティーク素材を使ってすべて私が制作しました。