Bisque color of Bru Jne 6 head

If you are wondering about progress of Bru head I started, here are more photos. It’s a slow going but I am working on it. :-)  I made bit fuss of her skin color this time so it took longer to complete. It’s very difficult to show true color of the bisque on computer screen because camera doesn’t capture actual color and it can change depends of the light and exposure when photo was taken. I try my best to give you an idea how her skin color is on this blog. Hope you will have some clue when you read this.

”サユリさんなんか遊んでるばっかりだけど、作品の方はどうなったの?”と思ってるあなた、ちゃんと作ってますよ。カリフォルニアから帰ってきて一段落ついたので、まじめに取り組んでます。今回はビスクトーンについてちょっと不満があったので時間がかかりました。ビスクの色を画像で説明するのは非常に難しいです。モニターによっても色が違うし、カメラはオリジナルの色を写してくれないし、同じビスクでも撮影時の光や露出度によって全く違う色に写るしで、ビスクの色にこだわる人にはやはり実物を見て欲しいですね。今回のブログでは、新作ヘッドのビスクの色がどんな程度なのか、一応わかりやすいように説明してみました。

****************************************************************************************************

This is before I painted eyebrows. Antique Bru eyes seem to fit just right. Her skin looks very pale without cheek color.

眉毛の絵付け前はこんな感じです。アンテイークBruアイはぴったりフィットしています。チークカラーを塗る前はかなり色白に見えます。

After painting completed. I found out her skin color is still too pale ??

一応絵付けは終了しましたが、なんかまだ肌色が白すぎる感じ。。。

So I added another layer of pink wash. I like this way better.

なのでさらにもう一度ピンクの肌色を塗ってみました。やはりこちらの方がいい感じです。(私的には好み)

Compare two photos side by side. Left is after I added another wash, right is before.

左側がピンク色を濃くした後、右が濃くする前です。微妙な違いですが、わかりますか?画像ではこの微妙な違いは見えないかもしれません。

 

 

My Bru on right still has paler skin color compare to antique Bru on left. But that’s okay, I don’t want to make mine too pink either. I will stop right here.

アンティークのBru(左)とビスクの色を比べてみました。私のヘッドの方が若干まだ色が薄めですが、あんまり濃いピンク色にもしたくないのでこの辺で止めておきます。

So far I like this head I made. I will continue using her to complete the doll. If I change my mind while I am working on the doll, I may make another head, We will see….

今のところこのヘッドで満足しているので、この子で作品を進めていきたいと思います。もし制作途中でイメージが合わないようであれば、また別なヘッドを作り直すかもしれません。その時の私の気分によって。。。。

Doll show in California

There are few good doll shows in California each year but I never had a chance to go when I was working as a nurse. I took advantage this year of being full time doll maker and attended one of them recently.

お隣のカリフォルニア州には、有名なデイーラーが出店するドールショウが年に何回か開催されるのですが、ナースをやっていた頃は時間がなくて行く機会がありませんでした。時間に余裕がある今年は、こういったイベントになるたけ行ってみることにしました。

リノからカリフォルニアのベイエリアへ行くには、シエラネバダ山脈のドナーパスという峠を越えなければなりません。標高2000メートルほどのこの峠にはまだまだ雪がたくさん残っていて、スキー場は先週末までオープンしていました。

コンコードという街で開かれたドールショウ。

やはりドールショウにはネットで買うより種類やお買い得品がたくさんです。今回も大収穫!

アンティークシルク生地も良い色のものに巡り合えました。

ビンテージミリナリーフラワーの小さいコサージュ

ドールショウの後は、近くのモントレーまで足を延ばしました。久々に見る海。

クジラウオッチングのクルーズに乗ってみることに。

このボートで湾の外まで出ます。

湾内の岩にはシーライオンの群れが。。

死骸ではありません。マンボウです。こうやって海面に浮いてカモメに寄生虫を取ってもらうのだとか。変わったお魚ですね。。。

この後クジラやイルカを見ることが出来たのですが、動画なのでここには載せることが出来ないんですよ、残念。(フェイスブックやインスタグラムには動画を載せてあります)しかも、ものすごい船酔いにかかってしまって後半は仮死状態でした。よって、写真を撮れるほどの気力も体力も無し。もうしばらく船には乗らなくていいです。

Starting new doll

I am working on my new doll, 16 inch Bru Jne 6 with antique body and antique Bru eyes! Yes, she will have original Bru Chevrot body torso and legs and original Bru eyes. I was going to show this doll in NYC this fall but I have decided to take a break rest of this year for touring, instead she will be available to public from my website. I am aiming to finish her by mid September since I will be traveling to Europe in October and she will be for sale in November. It sounds taking too long to finish one doll but I have so many plans with my private life this year, and I’d like to dress my undressed dolls from my private collection, so I am staying busy. I will be posting progress of this doll time to time. Please stay tuned!

お待たせいたしました。やっと新作に取り掛かります。次の作品は16インチのBruJne6でアンティークシェブローボディとアンティークのオリジナルBruアイを使って作ります。この子は秋にニューヨークでお披露目をする予定でしたが、今年はすでにいろんな予定が詰まっているため、お披露目会は取りやめることにしました。代わりに、完成次第HPより販売いたします。10月にヨーロッパへ旅行に行くため、完成は9月の半ばごろをめどに、販売は11月ごろを予定しています。とても気の長い話ですが、今年は個人的にいろいろ予定があったり、今までかまってあげれなかった自分のお人形達のドレスも作ってあげたいので、私的にはとても忙しいです。制作経過を時々ブログとFBに載せますので、楽しみにしていてくださいね!

*************************************************************************************************

I finished wet cleaning of  the head with eye hole opened, ready for bisque firing.

ヘッドはすでにクリーニングを終えて、ビスク焼成の準備ができました。

This will be part of her body. I will be making shoulder plate and Bru arms.

画像のオリジナルシェブローボディを使って、それに合うビスクショルダープレートとBruアームを作ります。

Extremely hard to find original Bru eyes! Bru eyes are more elongated than Jumeau eyes.

ほとんどお目にかかることのできないオリジナルのBruアイです。Jumeauアイに比べて横に細長いのが特徴です。

And they have high crystal domes. クリスタルドームの張り出しも素晴らしいです。

 

” Meet Miss Wakayama with Alan Scott Pate ” event

I attended local doll event ” Meet Miss Wakayama with Alan Scott Pate ” last weekend. Reno happens to have one of treasures ” Friendship doll Miss Wakayama ” in Nevada Historical Society museum as a permanent display. Independent Spirits Doll Club in California invited a Japanese doll expert Alan Scott Pate to Reno and organized an event to have tour at museum with Alan and gave us opportunity to attend his lecture of friendship doll at Silver Legacy Casino Resort. I had a wonderful time not just meeting Alan in person but making lots of new doll friends. They also had sales room during this two day event and I found lots of treasures! I rarely had chance to attend any doll events in US when I was working as a nurse and I realized I was missing out lots of fun!  I am hoping to attend more events like this from now on to expand my horizon.

先週末に地元で、❝アラン.スコット.ペイトさんと答礼人形”ミス和歌山”に会う会❞のイベントが催されました。私の住んでいる町リノの博物館には、幸運な事に人間国宝平田郷陽氏作の答礼人形”ミス和歌山”嬢が常時展示されています。アメリカにおいて日本人形の第一人者であるアランさんが、最近560ページもある答礼人形に関する本を出版したのを記念して、北カリフォルニア州のドールクラブが中心となってアランさんをお招きした2日間に渡るイベントを計画してくれました。イベント中はアランさんが博物館でミス和歌山嬢を前に歴史や作品について詳しく説明してくれたり、さらに市内のホテルでのランチョンの後、2時間にも渡って講義をしてくれました。アランさんはすでに10年以上も答礼人形について研究をしており、調査のため日本を頻繁に訪れています。つい先日もひな祭りの頃に3週間ほど日本にいたそうです。(私とちょうどすれ違いでした)彼の日本史に関する知識はとても深く、しかもスピーチはアップテンポでウィットに溢れていて、2時間があっという間に過ぎてしまいました。ランチョンでは幸運にも彼と隣席になり、ながながとお話しする機会がありました。イベント中はカリフォルニアから訪れたたくさんのドール友達とも繋がることが出来、今までネットでしか知り合いでなかった方たちと実際に会うことが出来て本当に楽しかったです。これを機会に、もっとたくさんのドールイベントに参加してみたいと思います。

*************************************************************************************************

With Alan

Luncheon souvenir brochure, Miss Wakayama, photographed by Alan Scott Pate

ランチョンで配られたパンフレット。ミス和歌山の写真はアランさんによる撮影です。

During museum tour with Alan Scott Pate

博物館ツアーでミス和歌山について説明するアランさん

Beautiful table presentation at luncheon

ツアーの後は市内のホテルでアランさんを囲ってランチョン。テーブルセッティングも凝っていて素敵です。

Sales room during event. I did volunteer work here for my friend.

販売コーナーも隣接されていました。私はここでボランティアをしました。

Ichimatsu dolls at Alan’s booth

アランさんのブースで販売されていた市松人形達。日本から選りすぐりの子達を連れてきたそうです。

Wonderful display of collection of Japanese dolls

参加者のお一人が、日本人形のディスプレイコーナーを設けていました。

ディーラーさんによるセールステーブル

I brought one of my creation C Steiner doll for Show & Tell program during event

それぞれが持ち寄ったノンジャンルのお人形について発表するShow&Tellというプログラムもあり、私は自作のスタイナー嬢をお披露目しました。

Close up of my C Steiner

Treasures I purchased at the event !

セールスルームで買ったお宝です!

Beautiful photographs and extensive research of Friendship doll are packed in this 560 pages book. You can still order from Alan’s website. I got his autograph in mine!

560ページにも及ぶ美しい画像満載のアランさんの書籍。私はサインしてもらいました~。日本へも発送するそうですよ。 アランさんのHPはこちらです。

 

My three dolls I took to Japan

I realized I never properly introduced my three dolls I took to Japan. I apologize for people who were waiting for their close up photos. Here they are ! ( Dolls are no longer available )

FBではすでに紹介したのですが、ブログで新作3体の紹介をするのを忘れていました。遅くなりましたが、日本でお披露目した3人の子たちの画像を載せますね。

14 inch Bru Jne 4 with antique body

17 inch Eden bebe with antique eyes

12 inch Millet Bru Jne 

Kyoto Chorakukan Tea party

I hosted a tea party in Kyoto Chorakukan after I left Tokyo. 15 guests enjoyed afternoon tea with my dolls in historical European style building which is rather rare occasion in Japan. I hardly had a chance to talk to participants during seminar in Tokyo but I was able to take time to talk to each guests at this event and that’s what I like about small sized party. I gave little presentation about how each dolls were created and that story was printed in a booklet I made for this event. Each guest received this booklet as a gift. At the end of the party, I drew name of winners for purchase right of the doll since I had multiple buyers for each dolls. All of my dolls found a new home on this day and I could not be happier knowing that they went to a good home. This was a rare occasion for me to be able to show my dolls in person. I pay extra attentions to take photos of each dolls but there are so many aspects that images alone can not tell. For example true color and texture of the bisque, true color of the fabric and dimensions of the dress, actual height of the doll etc..  I am hoping to be able to host event like this more often from now on. I like to thank all participants came to see me and my dolls for both event in Japan. Look forward  to seeing you again some time soon!  ************************************************************************************************* 東京を発った後は京都に向かい、長楽館でお茶会を催しました。このパーティーは懇親会の他に新作3体のお披露目を兼ねたもので、15人のお客様がお見えになりました。東京のセミナーでは、皆さんとお話しする時間があまり取れませんでしたが、このお茶会では美味しいお食事やアフタヌーンティーの合間に皆さんとゆっくりお話しすることが出来ました。お食事後、作品の制作過程を画像を使って皆さんに説明したり、質問を受けたりして盛り上がたっところで、締めくくりに作品の抽選会行いました。幸運にもこの日、3人とも新しいお嫁入り先を見つけることが出来て、生みの親としてはこれ以上嬉しいことはありません。何よりも、皆さんに作品を実際に見ていただくことが出来、そのリアクションは ”画像と実物はだいぶ違っていて、実物の方が良かった”というものでした。私も写真撮影にはかなり気を使っていますが、やはり平面の画像だけでは伝えきれない部分がたくさんあります。特にビスクの色や質感、ドレスの色や立体感、実際のお人形のサイズなど、実物を見て感じていただかないとわからない部分がたくさんあります。なので、今後もこのような催しを企画できたらいいなと思っています。今回両方のイベントに参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。また日本で皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!

Tokyo seminar ended successfully

My very first seminar I held in Tokyo ended successfully! I had 30 enthusiastic participants from all over Japan to learn and polish their doll making skills. I offered lecture of leaning difference of Bru faces by mold, tip for eye cutting and painting eye lashes. Also tip for choosing glass eyes. They are all basic skills but these techniques make huge difference on finished appearance of my dolls and I was more than happy to share some tips. Thank you all participants for taking time to attend this seminar !

4月2日に東京で行った初めてのセミナーは、30人という大きなクラスにもかかわらず無事に終了することが出来ました。セミナーの内容は、モールド別によるBruのお顔の違い、アイカットのコツ、まつげの絵付けのコツ、グラスアイの選び方のコツなどのレクチャーに続いて、アイカットの実演と実習を行いました。ドールメイキングの基本とも言えるベーシックな部分についての勉強会でしたが、この基本の技術がしっかりしていると、作品の出来上がりに大きな違いが出てきます。私の意見が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。参加者の中には実際にお人形を作ったことのない方も多く、これを機会に興味を持って下さった方もいらっしゃったようです。たった一日のセミナーでしたが、全国各地からお集まりくださった皆様に、心からお礼申し上げます。楽しい時間をありがとうございました!


もうすぐ日本でお会いしましょう!

いよいよ来週私は日本へ向けて出発します。おかげさまで東京セミナーは満席になりました。京都でのティーパーティーはまだ少し空席がありますので、興味のある方はぜひお問い合せ下さい。bebesbysayuri1@gmail.com

参加者の皆さんは今一度、イベントの内容を確認してくださいね。セミナーでは私の方での材料の調達はありませんので、各自で必要な材料をお持ちくださるようお願いいたします。

************************************************************************************************

”Sayuri ドールセミナー” in Tokyo 2017

日程 4月2日(日曜日)11時半~15時

会場 貸し会議室 プラザ 八重洲北口5階2号室              東京駅八重洲北口から外堀通りを渡り、八重洲北口通りに入りSMBC日興証券の並び 地図はこちらです。

会費  お一人様 5000円

定員 30名 (おかげさまで満席になりました)

プログラム内容

* モールド別のBruのお顔の違い、絵付けのポイントなどについてのレクチャー

*  グラスアイの選び方のコツ

* アイカットの実演 ーー セミナー中アイカットをやってみたい方は、グリーンウェアのヘッドと必要な道具をご持参ください。ウェットクリーニングなのでタオルとボールも忘れずに。

* 絵付けの個人指導 ーー 希望者のみですので、こちらをご希望の方はヘッド、絵付けの道具をご持参ください。

* 新作ドール3体の閲覧、制作過程画像の公開 (セミナー中作品の販売はいたしませんがご希望の方があれば、京都のイベント終了後に抽選、お引渡し致します。)

お昼を挟んだ時間帯ですがお食事はありません。事前にお昼を済ませておくことをお勧めします。セミナー終了後、希望者があれば別会場にてお茶会も検討いたします。二次会参加希望の方は、お手数ですが再度メールでお知らせくださいませ。会場を探す際に、おおよその人数がわかると探しやすいです。

なお、会場内での写真撮影はお控えくださるようお願いいたします

*************************************************************************************************

4月8日(土曜日)京都長楽館にてティーパーティー

会場 京都長楽館 http://www.chourakukan.co.jp/

 時間 12時ー14時30分

定員 22名 (まだ空席あり)
会費 2000円 +飲食代 4300円 (サンドイッチ、スコーン、ケーキ、スパークリングワイン or フレッシュジュース、アフタヌーンティー) 参考画像は二人分です

イベント内容

”京都で桜を眺めながら、ブリュとさわこお披露目パーティー!”

このイベントのためにアンティークボディのBru一体、ミレットBru一体、エデンベベ一体、合計3体を制作しました。伊藤博文や大隈重信が迎賓館として使っていた京都市有形文化財の長楽館で、私の新作を囲んでちょっと贅沢なテイーパーテイーを催したいと思います。桜が満開の丸山公園内にある歴史ある洋館で、普段では体験することができない素敵な時間を過ごしてみませんか?私もいつもよりちょっとドレスアップします。ビンテージ風のドレスでの参加も大歓迎です。

パーティー前半はお食事をいただきながら自由におしゃべりしたり作品の鑑賞を楽しんでください。途中、私のトークや、作品制作のビデオを見ていただいたりします。後半は作品の販売と同時に、ドール関係の小物も販売いたします。アンティークのシルク地やレース、ウィッグなど、持参できる分だけ持っていきますので、興味のある方はぜひご参加ください。なお、参加者全員にイベントのために作られた特別なフォトブックのお土産もあります。

お問い合わせはbebesbysayuri1@gmail.comまでお願いいたします。

Making Eden Bebe dress

I think I am going to use pink for Eden Bebe.

可憐なエデンべべにはピンクのドレスを作ろうと思います。

First I play with antique silk fabric and lace etc to gather some design idea ..

アンティークのシルク地やレースをテーブルに広げて、いろいろデザインを考えます。

After base style was decided, I layout pieces of fabric and lace over the actual doll body to see if the design works for the doll. Well, this design had too much pink on her and didn’t go very well.

次に実際にパーツをボディに当ててみて、このデザインが似合うかどうか確認。  残念ながら、このデザインはピンクが多すぎてボツになりました。

So I layered antique lace over torso and skirt area to reduce amount of pink. This is what finished dress looks like.

胴体やスカート部分をレースで覆ってピンクの濃さをやわらげたら落ち着いていい感じに出来上がりました。完成品はこちらです。

Changed glass eyes of Millet Bru

I wasn’t sure about Millet Bru’s antique eyes so I changed to spiral eyes from Hand Glass Craft. I think she looks better with these eyes, what do you think?

ミレットBru嬢のアンテイークアイが今一つしっくりこなかったため、ハンド社のスパイラルアイに変更しました。やっぱりこちらの方がいい感じ?