Bru Undergarments

Since I am pausing all my therapies, my work is very slow going right now.
I just finished making undergarments for my 16 inch Bru.
It used to take only few days to make 4 pieces of undies but now it’s taking forever .Sewing is really hard on my neck 🥺
おまけの話題です。長文なため英語訳するのが面倒なので、日本語のみです。
さて、自己隔離生活に入ってそろそろ二か月が経とうとしています。
始めの一か月はひどいニュースばかり目について精神的にけっこうきつかったんですが、最近はニュースを見るのもやめて趣味に没頭しています。
体力作りのため犬の散歩がてら毎日にように近所の山歩きを実施中。田舎なので幸いあまり人に会うこともなく、自然の満喫することが出来ています。街には2週間に一回の割合で買い出しに出る程度なので、ほんと僧侶の山ごもり状態です。
コロナパンデミック以来公演が中止されているロシアのボリショイバレエ団が、週一で無料動画を配信し始めたのがきっかけで、バレエの研究に熱が入ってしまいました。
ソビエト時代から新潟にはけっこうロシアのバレエ団がツアーに来ていて、90年代の初めに当時のレニングラードバレエ団の公演を観て以来ロシアバレエの大ファンです。いつか本場で観てみたいと、10年前にロシアまで行ってボリショイ劇場で念願のバレエ鑑賞をしました。
でも普段は時間が無くて、映画より長いバレエって家でゆっくり見る暇がないんですよね。
ところが、先日Youtubeでボリショイの”眠れる森の美女”の無料動画を見た際に、とても優雅で美しい踊りをする王子役のダンサーが目に留まり(普段は王子役ほとんど気に留めてなかったのですが)今すっかりそのダンサーにのめりこんでいます。
しかも、バレエに関してはロシア人ほど優雅に踊れる人種はいない!と勝手に思いこんでいたのに、そのダンサーはアメリカ人だった!😳
ボリショイが初めて受け入れた唯一の外国人プリンシパルとして有名なデヴィッド.ホールバーグ氏。身長が190センチ近くあるので手足が長く、姿勢やラインがとても綺麗で優雅なのに、キレのある踊りをするので、女性プリマがぜんぜん目に入らないくらい目が奪われてしまいます。
バレエに関しては観るのは好きですがあまり深い知識が無かったので、持てあます時間を使ってDVD見まくり、ホールバーグ氏の自叙伝まで買って読みまくり、ネットの動画あさりと、夏休みの宿題並みに研究熱心になっています。
おかげでコロナ鬱、すっかりどこかへ行ってしまいました。
英語のことわざで”人生が酸っぱいレモンを与えたらレモネードを作ればいい”、というのがあるのですが、なんかまさにいう状態です。じたばたしてもどうにもならないことを嘆いて時間を無駄にするより、この苦しい状況をどうやって有意義にすごすか方向転換して考えてみると、けっこうやれる事があるものですね。私はこの機会にバレエの知識を増やして、次回観賞する時はもっと深いところまで楽しめるようになることが目標です。😆

ホールバーグ氏の優雅なデジレ王子の踊りはこちら

デヴィッドイケメンすぎる!