Dress completed

Here is final look of the dress you all are waiting for.  It came out very chic as I expected and I am very happy with the result. Interestingly, I happened to have collection of caramel gold color antique lace and antique velvet ribbons that match perfectly for this dress.           I admit I am a hoarder when it’s comes to antique materials but it paid off this time!             I buy lots of ” I don’t need now but I may need them later ” kind of lace and fabrics. It will be very difficult to find antique materials that fits just right for the dress so I try to buy them when I find good one. But it took me for long time to train my eyes so that I know what to look for. :-)

*************************************************************************************************お待たせしました。やっとドレスが完成しました。予想通り、かなりシックな感じに仕上がりましたが満足です。制作中不思議なことに、まるでこのドレスのために用意したかのように、キャラメルゴールド色のアンティークのレースとベルベットのリボンをコレクションの中に持っていました。 アンティークのレースや布に関しては、はっきり言って私は”ためこむ病”です。  クローゼットの中に入りきらないくらい溜め込んでいます。でも、おかげで今回はそれが役に立ちました。こんな風に色もデザインもぴったり合う”アンティーク物”を探そうと思うとなかなか見つからないものです。なので私は、”今要らないけれど将来使いそう” なアンティーク素材を見つけたら、なるたけ買うようにしています。ただし、使えそうな良いものを見分ける目を肥やすのに、かなり時間がかかりました。

These antique buttons are so hard to find. I am very happy that I could use them for this dress. このタイプのアンテイークボタンはとても探すのが難しいのですが、このドレスにぴったり合ってすごく嬉しいです。取っておいたいた甲斐がありました。

This silk velvet ribbons matches color perfectly.                                                                   このシルクベルベットリボンも色合いがぴったりです。

 

Making pocket parts

I love using double shell ruffle as edging trim. They seem to add richness to doll dress and it’s often used for antique French bebe dresses. So I naturally like to use it for my doll dresses too. It’s just ….. very time consuming to make it …..  :-(

*************************************************************************************************私はアンティークべべドレスに良く使われているダブルシェルラッフルトリムがとても好きで、好んで使っています。これがあるのと無いのとでは、出来上がりの見た目に結構な差が出てきます。    ただ。。。作るのにとても手間がかかって。。。:-(

Dress front panel

Finally, I made front panel ( plastron) for the dress. You can create so many different patterns for the plastron and I am always looking for unique patterns for my doll dress.        I usually flip through books and online images to find interesting patterns and make some alternations the way I like.  I also pay extra attention to how to wrinkle fabrics.                          If I don’t iron right to make “good looking” wrinkles, it will spoil the looks of the entire dress.  It’s juts ” wrinkles” but they are very important.

*************************************************************************************************やっとフロントパネル(プラストロン)ができました。プラストロンの模様は無限に在るのですが、私は特に凝ったパターンをいつも探しています。参考書をひっくり返したり、PCにファイルしたイメージを穴が開くほど見入ったりして、いいのが見つかればそれにちょっと手を加えて好みのパターンに直します。特に生地の”皺”の寄せ方には人一倍気を使っています。   この部分に巧く雰囲気のある皺を寄せられるかどうかで、ドレス全体のイメージが決まってきます。たかが”皺”と言えどあなどれません。

Back side of the dress

I have been super busy since end of the last month and unable to post articles as much as I’d like to.

Right now I am working on the back part of the dress. —- Back side of the dress which doesn’t get as much attention as the front side. Therefore, I could just make it very simple and easy. But for some reason, I can not do that. I want to make a doll that I paid attention to detail from head to toe. So here I am spending all day for making this parts.                         I wonder if I can finish the doll by April ….??

************************************************************************************************ 2月の末から非常に忙しくて、あまりブログを更新できないでいます。すいません。

さて現在、ジャケットの後ろの部分に取り掛かってます。そうです、後ろですよ、後ろ。  後ろ部分は、ドレス前部と違って見られる事がほとんどないので、適当に簡単にまとめることもできるんですが、う~ん、なぜかそれができない性分なんです。            やっぱりどうせ作るなら、頭からつま先まで凝った作品をつくりたい! という厄介な性格でして。。でも、4月までには完成させたいんですが、無理かな???

Making dress patterns

Working on making patterns for the new dress today. I usually use paper towels to make basic design and keep adjusting small details by adding or changing the shape. I often receive questions if I sell dress patterns I use for my dolls but I don’t have resalable patterns because they are made with paper towels … Sorry.

The fabric I am going to use are antique silk brocade with caramel gold patterns on sage green base. This will be used at jacket part and matched caramel gold silk for front panel.These fabrics came form antique gown from 19th century. Very chic color combinations. Sage green is one of my favorite colors and I can’t wait to see the finished dress already.

*************************************************************************************************今日はドレスのパターンを作っています。私が使うドレスのパターンは、大体が作品に合わせてカスタムメイドされたもので、ペーパータオルでできています。ベースになるデザインのペーパータオルをボデイーに当てて、デザインを変えたい部分を切ったり、増やしたりして形を変えながら、ちょうど良くフィットするまで直していきます。よく、私の作品に使われているパターンを売って欲しいと言うリクエストをいただきますが、残念ながら全部ペーパータオルでできたカスタム製のため、販売できるような代物ではありません。申し訳ありません。

さて、今回使う予定の生地は、セージグリーンのベースにキャラメルゴールドの模様が入ったシルクブロケード地をジャケット部分に、キャラメルゴールドのシルクをフロントパネルに考えています。どちらも19世紀のアンティークドレスから取った生地で、なかなかシックな色あわせです。セージグリーンは私の好きな色のひとつなので、今から仕上げるのが楽しみです。

Chevrot style body completed

It took for a while to finish the body. Thank you for waiting patiently for my new entry.      Oh,  I finally picked the head I will be using. ( I am sure everyone was curious about this part more )      I’ve decided to use the head with spiral threaded bulged dome eyes. She has the look that I wanted for my next doll to be and will go well with the fabric and dress design I picked.  I am sorry to disappoint people who wanted me to use the other head but do not worry, I will make another doll by using that head sometimes.

I stained the leather part of the body with antique finish. The shoulder plate and lower arms are bisque. Lower part of the legs are made with composition. I have not decided which wigs to use at this moment so I go ahead took pictures with both wigs. Both wigs are antique mohair wigs. Her looks changes by the wig style and the color and I will be picking the right wig as I make her costume.

*************************************************************************************************ボディーを作るのにちょっと時間がかかってしまいましたが、やっと完成しました。しかしそれよりも、どっちのヘッドを使うかに、皆さん興味津々だったのでは?           ドレスのデザインや作品のイメージをよく検討した結果、スパイラルスレッドアイの入ったヘッドを使うことにしました。別のヘッドを期待していた皆さん、ごめんなさい。でも、もうひとつの方は、いずれちゃんとした娘に仕上げますので、そちらの方も楽しみにしていてください。

ボディーの革の部分は、ステイン加工でアンティーク風に仕上げてあります。ショルダープレートと下腕はビスク製で、膝から下の足はコンポジション製です。            ウィッグについてはどちらを使うかまだ決めていないのですが、ドレスを作りながら似合うほうを使いたいと思います。両方ともアンティークのモヘアウィッグなのですが、色とヘアスタイルによって印象がまったく違ってくるので、実際にドレスと合わせてみないと何ともいえないですね。