Third firing

This time I painted lower lashes and eye shadow over upper eye lid , added more color on lips and painted dots on nostrils. The reason I painted upper lashes at last firing is so that I can put on some eye shadows during this stage.  ( I can add layers of paint only after previous layer was being fired.)   Eye shadow looks very red before goes into kiln but the red color tones down once it’s fired.

************************************************************************************************ 3回目の絵付けでは、上まぶたにアイシャドーを入れ、下まつげを描きました。それと唇にもう少し色を重ね、鼻の穴に色をつけました。前回上まつ毛を描いたので、今回はその上にアイシャドーを塗ることができます。ビスクに色を重ねる場合は、前回塗った部分を焼いて色を固定させてからでないと不可能です。今までいろんな順序で絵付けを試してみましたが、このやり方が私には一番合っているようです。釜入れする前のアイシャドーは、とても赤みが強く見えますが、焼いた後は赤色のトーンが落ちてちょうど良い感じになります。

 

 

I am glad this did not happen to my bisque head but when I painted skin tone on bisque arms, I found unwanted line on one arm after being fired. It did not show up during painting but they appear after firing. Very disappointing. I have to cast another set of arms.                               Another small set back…. :-(

*************************************************************************************************これがビスクヘッドに出なかったのが不幸中の幸いですが、前回一緒に肌色の絵付けをしたビスクアームに線が入ってしまいました。絵付けの最中には出ないのですが、焼いた後にくっきり現れたりするから厄介です。またビスクアームの型抜きをしなければ、、とほほです。

Second firing

I am sure each doll artist has their own routine to paint doll heads. I happen to start with upper lashes and base shape of lips at second firing. It use to take many hours to just paint one side of lashes but now I am much faster. ( Thanks goodness )                              I try not to paint lashes too neatly anymore because antique doll’s lashes are not done too neatly either. I don’t mind some irregular thickness or space between each lashes.           I will be painting lower lashes and more colors on lips at next firing.

*************************************************************************************************作家さんによって、絵付けの手順はそれぞれ違うと思いますが、私は二回目の絵付けでは上睫と、唇のベース描きから始めます。昔は睫を描くのに何時間もかかりましたが、今はもっと早くできるようになりました。もっとも、睫はあまりきっちり描かないようにしているので、サイズや間隔に多少ムラがあっても良しとしています。                 次の段階では、下睫と、さらに唇に色をつけていきます。

First China firing

Third time’s a charm! I think I finally made bisque head without flaw and correct eye cut.      I painted white bisque with very pink skin tone and it will go into kiln for the first China firing.          I use to paint my Brus with sort of paler skin tone because that’s how everyone requested. Now I tend to paint in much stronger pink. If you look at antique Bru dolls, that’s how they were painted. I also painted smaller eye cut head. It seems other antique eyes may fit okay with this head. I will work on both heads but using different eyes and will see which one would look better.

************************************************************************************************三度目の正直!(でしたっけ?)やっとビスクに問題がなくてアイカットもオッケーなヘッドができました。さっそくピンクの肌色の絵付けをして一回目の絵付けの釜入れです。 同時に先日アイカットが小さすぎたヘッドも絵付けしていきます。もしかしたら、もうひとつのアンテイークアイが合うかもしれないので。以前はお客様のご要望で、肌色はわりと色白に塗っていましたが、今回はかなり濃いピンクです。アンテイークのBruをご覧になった方はわかるとも思いますが、アンテイークのBruはわりと濃い目の肌色に塗られています。なので、私もそれになるたけ近い色合いで仕上げる予定です。二つのヘッド同時進行はできるかどうかわかりませんが、どちらか出来のいい方を使って、最終的な作品に仕上げたいと思います。

By the way, porcelain greenware shrinks around 15 % after bisque fired.Therefore it’s hard to estimate if  eye opening is right size or not during cleaning stage. I just guesstimate and make eye cut slightly larger than actual glass eyes. If they fit perfectly after bisque fired,you can imagine how excited I am!

焼成した後のポーセリンはグリーンウェアの時と比べて15%ぐらい縮みます。なので、クリーニングをしている時点で、アイカットが正しい大きさかどうかを計るのはちょっと面倒です。 私の場合はカンでこれくらいかな、とアタリをつけて、グラスアイより少しだけ大きめにカットします。ですので焼成後上手くグラスアイがフィットする時の喜びは、ひとしおです。    (ああ、なんだかおおざっぱですね。。。)

 

Another failure

I bisque fired second head. The eye cut seem to be perfect to fit  antique eyes!                   I was so excited and then, as I inspect the rest of the bisque surface, I noticed some unknown line on her chin…. It’s hard to show on photo image but it’s very visible on naked eyes.    Looks like either did not get cleaned well during final cleaning or kind of marbling. Either way I won’t be able to use this head so it goes into trash. What a bummer …  :-(       But this is nothing unusual. It’s almost miracle if I make perfect bisque fired head in first trial.  I just have to keep repeating process till I make the perfect one.

*************************************************************************************************二作目ヘッドの焼成が完了し、アンテイークアイを合わせてみると、今回はバッチリな感じです! さて、他のビスク部分の仕上がりを入念にチェックしていくと、なんと、あごの辺りに原因不明の横のラインが!!! (ここでしばし、ボーゼン状態)              画像ではよく見えませんが、目で見るとしっかりあります。最終クリーニングでの段階で見落とされたのか、マーブリングの一種か、どちらにしてもこのヘッドはボツです。      アイカットが良くできただけにかなり凹んでいす。でも、一発でアイカットもビスクの状態もパーフェクトなヘッドが出来ることのほうがミラクルです。がっかりしてる暇はないので、次のヘッド制作へゴーです。

 

Cleaning head

 After soft fired greenware, I use wet cleaning method to complete detailed cleaning and make eye openings. I only use scalpel ( or called exacto knife) to cut eye holes. I don’t use eye bevelers since I tend to chip eye rim when I use them.

*************************************************************************************************ヘッドのソフト焼きが終わったら、ウェットクリーニング法で最終的なクリーニングとアイカットをします。私はアイベブラーを使わず、スカルペルのみでアイカットを仕上げます。ベブラーでアイホールの後ろからぐりぐりすると、目のふちが欠けちゃうんですよね。私の場合。

Casting another head

After bisque fired first head, I attempt to fit antique eyes but eye hole was not big enough.       The dome of antique eyes are so high, I have to make another head with larger eye cut.  So I poured another head today.Got to start all over again.

***********************************************************************************************先日クリーニングしたヘッドが上手く焼成できたので、さっそくアンティークのグラスアイを合わせてみたところ、アイホールがちょっとだけ小さすぎてドームの部分が引っかかってしまいます。ということで、アイホールを大きく調節したヘッドを作るために新たなヘッドの型抜きをしました。また一からやり直しです。ううっ。。

 

After this greenware dried, it goes into kiln to be soft fired. I use wet-cleaning method and the greenware have to be hard enough not to break when wet but also have to be soft enough to be able to sand and cut.                                                                                             I often work with one head at a time because my kiln doesn’t have much space inside. But most of all, I want to focus on one doll at a time instead of mass producing.

*********************************************************************************************** グリーンウェアが乾燥したら、キルンに入れてソフト焼きをします。私はウェットクリーニング派なので、グリーンウェアは水に入れても壊れない程度に硬くなければならず、サンドペーパーをかけたりナイフで削ったりできる程度に柔らかくなくてはなりません。         私のキルンはあまり大きくないので一度に何体もの作品作りはできません。というか、大量生産するとひとつひとつに十分な気配りができないので、なるたけ一体に集中しながら作業するようにしています。

Antique paper-weight eyes

I have mentioned how hard it is to find antique eyes but believe or not,  I have two wonderful antique Jumeau eyes in stock now.

One pair have spiral thread with high crystal dome and the others are human eye type navy blue eyes.
These eyes are fairly large so I thinking they will fit on 24 inch Bru Jne head.
I have poured 24 inch Bru Jne 11 head and it’s in cleaning stage right now.
I don’t know which eyes will fit well at this point.  Fitting antique eyes is very tricky since their sizing is different from modern eyes we often use. I probably have to make few test heads to figure out right eye openings and shapes. I never know if I made eye cut correctly till I finish whole painting.  Making one complete head is a long process and I have to keep repeating the process till I make the right head with a right look.
It will be for a while till I can show my next doll face but please be patient.                             I will be posting progress of making her as much as possible.
*************************************************************************************************
アンテイークのグラスアイを探すのは至難の業、と以前に書きましたが、このたび縁があって二つもの素晴らしいアンテイークアイを見つけることができました。
一つはスパイラルスレッドが素晴らしい、ドームの高いジュモウアイ、もう一つはヒューマンアイタイプのネイビーブルーアイです。
両方ともかなり大きいサイズなので、このサイズの合うのは24インチのBruJne11ヘッドだと思うのです。なので、このサイズのヘッドを型抜きして、いまクリーニングの段階です。
どちらのグラスアイがぴったり当てはまるかは、絵付けを仕上げてみないとわかりません。
しかも、アンテイークのグラスアイは、リプロ用の現代物のグラスアイとサイズが違うので、アイカットを調節するための試作のヘッドを何個か作らないといけないケースが多いです。
ひとつのヘッドを完成させるには、何段階もの手間のかかる作業をしなければなりません。 それを何回か繰り返して複数のヘッドを作ることになるので、最終的な完成品をお披露目できるのは少し先になりそうです。どうか気長にお付き合い願います。
制作の模様はできるだけまめにブログでお伝えしようと思いますので、楽しみにしていてください。
24 inch Bru Jne 11 head greenware, still needs fine detail adjustment of eye cut
Spiral thread high crystal dome antique Jumeau eyes, extremely hard to find.Human eye type antique Jumeau eyes in Navy blue.

A Happy New Year!

I like to thank all fans and friends who supported me when I made change of direction last year.I was able to spend more meaningful year because of all of you.                                   I am looking forward to work on another quality dolls in 2013. Please look forward my posting from now on.

I changed my email address to bebesbysayuri1@gmail.com due to increasing problem with my hotmail address.You should be able to access more easily with gmail address so if you did not receive reply from me or denied access by emailing to bebesbysayuri@hotmail.com , please retry with my new gmail address. I will keep my hotmail address and you can continue emailing me if you did not get deny access.              I will be gone till Jan 10th but I will return your email soon as I come back.

A Happy New Year everyone!

Sayuri

*************************************************************************************************

新年明けましておめでとうございます。昨年は私の都合でオーダーをストップするなど、様々なことがありましたが、皆さんの励ましのおかげで素晴らしい一年を送ることができました。 今年も意欲的に新作に取り掛かっていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

新年にあたりメールアドレスを変更しました。                    新しいメールアドレスはbebesbysayuri1@gmail.com です。bebesbysayuri@hotmail.com宛てに送って返事が来なかった方、またはアクセスを拒否された方は、新しいgmailアドレス宛に再度メールを送っていただけると助かります。   hotmailアドレスも引き続き使用できますので、アクセスを拒否されなかった方はどちらでもお好きなほうへメールしてください。私は1月10まで留守にしますが、帰って来次第お返事を出します。

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さゆり